「アンディ 外苑前」のグルメ・レストラン検索結果一覧

1 ~ 1件を表示 / 全1

1

  • 原宿/明治神宮前 タイ・ベトナム料理、郷土料理、アジア料理

    An Di

    季節が皿に舞うモダン・ベトナミーズ。名ソムリエが紡ぐペアリングで幸せな味の旅へ

    外苑前の静かな一画に佇む【An Di】は、日本から世界に発信する料理とペアリングを楽しめる店。銀座のグランメゾンでシェフソムリエを務め、今はワインテイスターとしても活躍する店主・大越さんが、日本でこそ楽しめる新ジャンル“モダン・ベトナミーズ”を提案。フレンチシェフ・内藤さんとのタッグにより、ベトナム料理をベースとし、日本の四季を映す野菜や果物・ハーブ・和食材で彩る皿を供しています。その魅力をさらに増すのが、ボーダレスなお酒の楽しみ。優しい皿に合うナチュラルワインを中心に、日本酒や焼酎も登場するペアリングは、新たな食の景色を見るような驚き!季節のコース&ドリンクペアリングで、その幸福感にひたれます。

    10,000円

    15,000円

    東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩5分

    プレミアム掲載店食事会にオススメ
  • おすすめのグルメ・レストラン情報

  • 姫路 イタリアン、パスタ・ピザ、洋食

    南イタリア料理ディーコ

    自家農園で採れた野菜を使用。食材本来の味を大切にした、家族で楽しめるイタリアン

    異国情緒あふれるおしゃれな佇まいの【南イタリア料理ディーコ】。素材を活かしたイタリアンが楽しめる隠れ家レストランです。安心・安全な料理を提供したいと、塩や水をはじめ、すべての食材に気を配っている青木オーナーシェフ。自家農園を持ち、無農薬野菜を栽培しています。お店の水槽には魚介が泳ぎ、オーダーが入ってから捌く徹底ぶり。ひとりひとりの要望に向き合って調理してくれるところが魅力です。丁寧に成型してイタリア直送のオーブン窯で焼きあげるナポリピッツァも、ファンが多い人気メニュー。厳選ワインも楽しめます。アンティークな雰囲気漂う店内は、居心地良く過ごせる空間。家族みんなで利用したい、とっておきの一軒です。

    1,180円

    1,380円

    食事会にオススメ
  • 国分町/一番町 バー・カクテル、居酒屋、ダイニングバー

    BAR Andy

    多彩なシングルモルトと洗練のカクテルが、夜を彷徨する大人を癒す

    350種というシングルモルトの品揃えで知られる【BAR Andy】だが、果実味と香りを追及したマティーニや、アッサムの新茶を使ったホットウィスキーティーなど、カクテルの評判も高い。店の名を冠した「アンディ・クーラー」は、ビーフィーターとグレープフルーツをメインにしたオリジナル・カクテル。最後に絞ったライムピールのミストが爽やかで、喉を鳴らして味わえる軽快さの後に濃密なマラスキーノがほのかな残像を見せる。深い琥珀色やラベルに秘められた歴史、より旨い味わい方を教えてくれるバーマン、居心地のいいカウンター、そこに集う人々が作り出す空気感。バーという空間が醸す物語ごと味わうため、人はこの店の扉を開けるのだ。

    3,000円

    地下鉄南北線 勾当台公園駅 徒歩3分

  • 永田町 その他各国料理

    MAZ

    日本の食材も織り交ぜペルーの生物多様性を表現、未来につなぐ

    都心にありながらも、一歩足を踏み入れると、自然素材でつくられたインテリアが心を包む。ここ、【MAZ】は、「ラテンアメリカ ベストレストラン50 2021」でも南米No.1に輝いた、【セントラル】のヴィルヒリオ・マルティネスシェフが、ペルーに伝わる食の豊かさを伝える場所。ペルーの伝統的な食文化を織り込んだ料理は、その背景にある物語の「語り部」でもあります。厨房を取り仕切るのは、大学在学時からマルティネス氏のもとで食の研究に加わり、セントラルのヘッドシェフも務めたサンティアゴ・フェルナンデスシェフ。日本とペルーの食材で表現する、ペルーの9つ標高での多様な生態系。五感を研ぎ澄ませて向き合いたい、そんなお店です。

    45,000円

    東京メトロ銀座線 赤坂見附駅 徒歩1分

    食事会にオススメ
  • 六本木 イノベーティブ・フュージョン、フレンチ

    Sanmi

    酸味、三味、三位一体など“sanmi”をテーマに、新しい味わいを生み出す

    クラウドファンディグで飲食業最高額を集めオープンした会員制レストラン【sanmi】が、2020年1月に移転。ビネガーや柑橘、発酵など様々な酸味を軸にした料理はそのままに、一般にも席を解放しました。料理は、酸味の酸っぱさや爽やかさ、刺激などの表情を引き出し、旨みと塩味とともに三位一体となったおいしさを、月替わりのコースで表現します。また、料理とドリンクの口内調味によって生まれる「3つ目の味」も店名の由来。オーナーの野口良介氏が酸味の魅力に気づくきっかけになったビール『ボンシェン』×『オムライス』など、新たな味覚のペアリングを提案。おいしさだけではない、初めての食体験ができるモダンガストロノミーです。

    20,000円

    東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩2分

    テイクアウト可デリバリー可
  • 国分町/一番町 フレンチ

    nacrée (ナクレ)

    パリの三ツ星【ASTRANCE】などで腕を磨いた若きシェフによる、皿の上の芸術を堪能

     2020年5月より藤崎ファーストタワー館の4F階を新天地とした【nacree】。誤解を恐れずにいえば、この店の場合フレンチはジャンルではなくベース。【ASTRANCE】のほか、イタリアの【Scrigno del Duomo】や【Da Vittorio】でも修業を積んだ緒方シェフが頭に浮かべたイメージは、ジャンルや慣習などの枠を超え、フレンチからイタリアン、時に和の調理法も用いつつ、天衣無縫に皿の上に描かれます。『海老とフロマージュブラン』の場合、味わいや食材の温度のほか、皿の余白を生かすため盛付と配置にまでこだわる徹底ぶり。この食べる芸術品を、仙台で堪能できるという贅沢に浸ってみてください。

    10,000円

    18,000円

    JR各線 仙台駅 徒歩10分

    食事会にオススメ
  • 1 ~ 1件を表示 / 全1

    1

    ページトップ

    アンディ 外苑前のグルメ情報一覧から気になるレストランを選んでください。【ヒトサラ】は、アンディ 外苑前のレストランを最寄駅、ご予算、ランチメニュー、個室のあるお店などのこだわりの条件から簡単に探せます。