「フレンチ レストラン 雷鳥」のグルメ・レストラン検索結果一覧

1 〜 4件を表示 / 全4

1

  • 目黒 フレンチ

    レストランユニック

    ジビエをはじめ肉や魚で季節を味わうフランス料理。ガストロノミックな味を気軽に堪能

    東京きってのジビエの名店の一つ。そんなフレーズとともに紹介されることの多い、目黒通り沿いにあるフランス料理店【レストラン ユニック】。パリの星付き店や東京の名店で腕を振るってきたオーナーシェフの中井氏が飄々と語るには、「フランス料理らしい濃厚な味の食材を追求していったら、自ずとジビエが多くなった」とのこと。そう、実際はあくまでフランス料理としてクオリティを追求している骨太なお店です。そうやって生まれるシェフなりの遊び心が加えられたガストロノミックな料理を、肩肘張らずに食べられるところが真骨頂。味を重視する食通たちが、デート・接待・家族などシーンを問わずに訪れるというのが頷ける実力店です。

    3,000円

    8,000円

    JR山手線 目黒駅 徒歩12分

    食事会にオススメ
  • 恵比寿 フレンチ

    アラジン

    ひたすらに美味しさだけを突き詰めた、ひと皿のスペシャリテが物語る名店

    決してブレない芯の強さ。揺らぐことのない料理への愛情。フランス料理界の重鎮【アラジン】の川誠也氏を簡潔に説明するなら、そんな言葉がしっくりきます。それは料理ひと皿を見るだけで十分に伝わってきます。たとえば、冬のスペシャリテのひとつ『山鳩のロース サルミソース』。山鳩のガラをプレスして絞り出した血とフォンドジビエでつくるソースは、シンプルのなかに深い旨みを凝縮。「肉ではなくソースを味わう料理」という川シェフの言葉も、付け合わせのドフィノアと味わうと、その美味しさとともに体に染み渡ります。開店から25年に渡り愛され続けるひと皿が【アラジン】が名店中の名店と呼ばれる所以を物語っています。

    6,000円

    15,000円

    東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩5分

    食事会にオススメ
  • すすきの フレンチ

    LE GENTILHOMME

    札幌の地で27年間愛される、北海道の食材を大切にしたグランメゾン

    札幌で27年続くグランメゾン【ル・ジャンティオム】は、北海道に正統派のフランス料理という文化を根付かせた草分け的な老舗です。店を率いる大川正人シェフの料理は、クラシカルな技法を大切に、北海道の恵みを取り入れ、今なお進化を続けています。【ギー・サボア】や【ヴィエイ・フォンテーヌ】【トロワグロ】など、名店での修業の後、伝統的なフランス料理を実直に表現したのが同店でもあるのです。北海道の力強い食材は、トラディショナルな大川シェフの料理にすっと馴染みます。さらに店の自慢のひとつ、ファン垂涎のフランスワインと驚きのマリアージュを楽しませてくれます。誰か大切な人を喜ばせたい。そんな時にぜひ訪れたい名店です。

    4,000円

    18,000円

    市営地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩6分

    プレミアム掲載店
  • 高円寺/阿佐ヶ谷 フレンチ、パーティー、ステーキ

    La Maison Courtine(ラ メゾン クルティーヌ)

    パリの1つ星レストランの料理長を務めたシェフの本格フレンチを阿佐ヶ谷で気軽に堪能

    パリ人に愛された1つ星レストランで料理長を務めた善塔一幸シェフが、その店名を引き継ぎ、東京・阿佐ヶ谷駅から徒歩1分の場所にオープンしたのが【ラ・メゾン・クルティーヌ】です。「料理はシンプルであるべき」という理念の下、食材同士が自然に織りなす味や形を大切にしています。例えば、100日以上自家熟成させた肉を使った『熟成肉のポワレ』。約8年のフランス滞在中、精肉店で本格的に熟成肉の製法を学んだ善塔シェフの技術が光ります。塩ならゲランド地方など4種類以上、胡椒ならマレーシア・サラワク州産等5種類以上を、常時使い分けるこだわり。シンプルながらも深みのある本格フレンチと、それにあう自然派ワインを気軽に楽しめます。

    5,000円

    9,000円

    JR中央線 阿佐ケ谷駅 徒歩1分

    プレミアム掲載店 テイクアウト可 食事会にオススメ
  • 1 〜 4件を表示 / 全4

    1

    ページトップ

    フレンチ レストラン 雷鳥のグルメ情報一覧から気になるレストランを選んでください。【ヒトサラ】は、フレンチ レストラン 雷鳥のレストランを最寄駅、ご予算、ランチメニュー、個室のあるお店などのこだわりの条件から簡単に探せます。